ビンディングシューズ購入

先日の若洲海浜公園以降、やはりロードバイク用にSPDシューズが欲しくなり仕事帰りにy’s roadまで行ってきました。

全く始めてなので色々とお話を聞き、用途や自分の足に合いそうなLintaman adjust mtb compをおすすめされました。カラーもすごく気に入ったのですが、欠品しているとのことで帰宅。

その後、他店でshimanoのスニーカーのようなシューズも試してみたりしたのですが、やはりLintamanが忘れられず、買ってしまいました!

24516356443_a0828545e6_k

あとはペダルとクリートを用意する必要があるわけですが、マウンテンバイクについてきたSPDペダルは子供を乗せる用途だと不要なので、Giantに付けることにしました。

Giantにはフラットペダルがついているので、それはマウンテンバイクへ。

というわけでおなじみの近所のバイシクルセオへ。

15mmレンチはペダル用のデカいものを選ばないときついですよ、というアドバイスのもと、こいつを購入。2000円くらいしました。

24544705353_df3e891ad1_k

クリートはマルチです。SPD初心者なのでこれが良いのかなと。

24803836199_d7dd1aebe7_k

クリートのシューズへの取り付けは簡単なんですね。位置の微調整は必要そうですが、よくわからないので中央で固定。使いながら調整すればいいのかな?

25171544435_2f8f6f3d64_k

次にマウンテンバイクからのペダルの取り外しです。これが難しく手こずりました。

レンチは、回すのではなく、握る要領で力をかける

出典:http://irodoriworld.com/archives/5307

これを知らないと外れませんね。

レンチが小さいと力がかからずさらに外しにくいでしょうし、2wayのレンチでないと、この方法がとれない可能性があるので、セオでのアドバイスは的確だったなと思いました。

これで左側のペダルは外れました。次、右ですが、今度は握れるような角度でレンチが入らないし、入ったとしても握れるようなものがなかったのです。。

最終的にはレンチをさした状態で、バイクにまたがって、レンチを上から踏みつけて外しました。これもレンチが大きくないとできなかったですね。

Giantの方も同じ要領で外せました。

取り付けは簡単で、普通にレンチをグルグル回すだけです。

24540854544_600e56e2f6_k

マウンテンバイクにはフラットペダルをつけて完成です。

25222283230_fa2467c43c_k

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中